格安スマホは通話料金が高い!?通話料金を安くするには!

格安スマホを使うデメリットの1つとして、通話料金が高いことが挙げられます。

スマホの通話料金は30秒20円が一般的なので、普通に通話をしていると、かなり通話料金は高くなってしまいます。

しかもほとんどのMVNOは無料通話がプラン料金に含まれていないので、通話料金がどうしても高くなってしまいます。

しかし、格安スマホで通話料金を安くする方法がないかというと、そうでもありません。

今回は格安スマホで通話料金を安くするための方法を紹介していきます。

  1. かけ放題プランありのMVNOを選ぶ
  2. 通話アプリを使う
  3. IP電話を使う

かけ放題プランありのMVNOを選ぶ

最近ではかけ放題プランがあるMVNOが少数ながら登場してきました。

エックスモバイルが運営するMVNO「もしもシークス」ではかけ放題プランが提供され始めました。

ワイモバイルは10分以内の通話が月300回まで無料になるので、こちらを選ぶのもよいと思います。

通話アプリを使う

最近はMVNOでも通話アプリを提供するところが増えてきました。

MVNOの通話アプリは通話料金が安くなるのがメリットで、楽天モバイルの通話料半額アプリ「楽天でんわ」やDMM mobileの通話料半額アプリ「DMMトーク」などのアプリは、通話料金が半額になるのでかなり安くなります。

多くの通話アプリは、電話回線を使って電話をするため、電話番号は元のままで相手に通知されるので、便利です。

IP電話を使う

OCNモバイルONEが提供している050Plusなど、IP電話を使うという方法もあります。

IP電話同士で無料になるなどのメリットもあり、070/080/090の電話番号にこだわりがないのであれば、かなりオススメです。

Lineには無料通話もあるので、そちらを使うのもよいかもしれません。

まとめ

格安スマホの通話料金は高いですが、ちょっと手間を加えるだけで通話料金は安くなります。

通話料金は安くして、できるだけスマホの月額料金を安くしましょう。