契約前にチェック!格安SIMのデータ通信量はどれくらい欲しい?

格安SIMを契約するときにポイントとなるのは、データ通信容量です。

契約したデータ通信容量が、1ヶ月で高速データ通信が使える通信量になります。

※契約したデータ通信容量を超えてデータ通信をした場合は、通信速度制限が発生します

では、どのくらいのデータ通信容量を契約すれば問題ないのでしょうか?

 

まずはどのくらいのデータ通信量を使っているか調べよう

一番おすすめなのは、今どれくらいのデータ通信を1ヶ月でしているか確認することです。

  • ドコモであれば、「My Docomo」
  • auであれば、「auお客さまサポート」
  • ソフトバンクであれば、「My SoftBank」

1ヶ月で使っているデータ通信量は、それぞれの専用ページから確認できます。

この使っているデータ通信量によって、格安SIMで契約するデータ通信容量を決めればいいです。

 

基本的には3GBを契約しておけば問題ない

とはいっても、「前はやっていなかったゲームを始めた」などの理由でデータ通信量が増えてしまうことなどもあります。

そうすると、今1ヶ月で使っているデータ通信量を調べても、更にそれよりも多くのデータ通信容量が必要になるでしょう。

そういった心配がある方は、これくらい契約しておけば一般ユーザーは大丈夫と言われている”3GB”を契約するといいです。

スマホを使っている多くの人は、3GB未満のデータ通信量で済んでいると言われています。

動画などをよく見るヘビーユーザーの方などでなければ、まず3GBあれば問題ないでしょう。

 

どうしてもダメなら後でプラン変更も可能

契約していたデータ通信容量で足りない場合には、後でプラン変更をしてデータ通信容量を変えることもできます。

プラン変更による手数料などは発生しないので、契約するデータ通信容量をものすごく気にしすぎる必要はないです。

どうしてもデータ通信容量をどれくらいにしていいか分からないようだったら、「ダメなら後で変更しよう」くらいの気持ちで3GBで契約してしまえばいいでしょう。

 

コメントを残す