SIMカードって何?格安スマホの基本

格安スマホを使っていく上で覚えておいた方がいい基本的なことがいくつかあります。

そのうち、今回はSIMカードについて説明していきたいと思います。

SIMカードとは

SIMカードは「電話番号やデータ津伸をする時に、ユーザーを識別するためのICカード」です。

契約したSIMカードをスマホに挿すと、契約内容によって電話やデータ通信をすることができます。

例えば、ガラケーとスマホ2台持ちにしている人は、スマホではデータ通信しかできないようになっています。

これはSIMカードの契約内容が、

  • 電話は利用不可
  • データ通信は利用可

となっているからです。

ここで疑問に思うのは、
「どんなスマホでもSIMカードを挿せば使えるようになるんじゃないの?」
ということだと思います。

SIMカードを挿せばスマホが使えるようになるなら、他のスマホにSIMカードを挿せばそのスマホが使えるようになると考えるのは自然だと思います。

これは半分合っていて、半分間違っています。

3つの問題をクリアすれば、電話やデータ通信が使えるようになります。

問題1:SIMカードのサイズ

実はSIMカードには複数のサイズがあります。

標準SIM/microSIM/nanoSIMの3つです。

SIMカードのサイズが合わないとスマホに挿さらないので、注意が必要です。

問題2:SIMロック

実はドコモ/au/ソフトバンクのキャリアで購入したスマホには「SIMロック」というものがかかっています。

SIMロックがかかっているスマホは、他のキャリアのSIMカードが使えなくなっています。

例えば、ドコモで購入したスマホに対して、別に契約したドコモのSIMカードを挿した場合は電話やデータ通信を使うことができます。

しかし、auで契約したSIMカードをドコモで購入したスマホに挿した場合は電話やデータ通信を使えません。

SIMロックがかかっていないスマホのことを「SIMフリースマホ」と呼びます。

また、スマホにSIMロックがかかっている場合、後から解除することが可能です。

問題3:通信方式と周波数(band)

音声通話やデータ通信を行うときには、決められた通信方式で通信を行います。

音声通話の通信方式は、キャリアごとに違います。

ドコモとソフトバンクは同じなのですが、auだけ違うので注意が必要です。

データ通信の通信方式は3GまたはLTEで各社共通です。

しかし、対応している周波数帯(band)という問題があります。

キャリアが電波を送るときに使用する周波数帯が決まっていて、スマホがその周波数帯に対応していないと、電波を受け取ることができないので通信ができません。

このため、キャリアが使っている周波数帯にも合わせる必要があります。

格安スマホはキャリアから回線を借りているので、回線を借りているキャリアと同じ通信方式と周波数になります。

例えばDMM mobileはドコモの回線を借りています。

そのため、DMM mobileはドコモであればそのままスマホを使うことが可能です。

コメントを残す