SIMカードって何?格安スマホの基本

格安スマホを使っていく上で覚えておいた方がいい基本的なことがいくつかあります。

そのうち、今回はSIMカードについて説明していきたいと思います。

SIMカードとは

SIMカードは「電話番号やデータ津伸をする時に、ユーザーを識別するためのICカード」です。

契約したSIMカードをスマホに挿すと、契約内容によって電話やデータ通信をすることができます。

例えば、ガラケーとスマホ2台持ちにしている人は、スマホではデータ通信しかできないようになっています。

これはSIMカードの契約内容が、

  • 電話は利用不可
  • データ通信は利用可

となっているからです。

ここで疑問に思うのは、
「どんなスマホでもSIMカードを挿せば使えるようになるんじゃないの?」
ということだと思います。

SIMカードを挿せばスマホが使えるようになるなら、他のスマホにSIMカードを挿せばそのスマホが使えるようになると考えるのは自然だと思います。

これは半分合っていて、半分間違っています。

3つの問題をクリアすれば、電話やデータ通信が使えるようになります。

問題1:SIMカードのサイズ

実はSIMカードには複数のサイズがあります。

標準SIM/microSIM/nanoSIMの3つです。

SIMカードのサイズが合わないとスマホに挿さらないので、注意が必要です。

問題2:SIMロック

実はドコモ/au/ソフトバンクのキャリアで購入したスマホには「SIMロック」というものがかかっています。

SIMロックがかかっているスマホは、他のキャリアのSIMカードが使えなくなっています。

例えば、ドコモで購入したスマホに対して、別に契約したドコモのSIMカードを挿した場合は電話やデータ通信を使うことができます。

しかし、auで契約したSIMカードをドコモで購入したスマホに挿した場合は電話やデータ通信を使えません。

SIMロックがかかっていないスマホのことを「SIMフリースマホ」と呼びます。

また、スマホにSIMロックがかかっている場合、後から解除することが可能です。

問題3:通信方式と周波数(band)

音声通話やデータ通信を行うときには、決められた通信方式で通信を行います。

音声通話の通信方式は、キャリアごとに違います。

ドコモとソフトバンクは同じなのですが、auだけ違うので注意が必要です。

データ通信の通信方式は3GまたはLTEで各社共通です。

しかし、対応している周波数帯(band)という問題があります。

キャリアが電波を送るときに使用する周波数帯が決まっていて、スマホがその周波数帯に対応していないと、電波を受け取ることができないので通信ができません。

このため、キャリアが使っている周波数帯にも合わせる必要があります。

格安スマホはキャリアから回線を借りているので、回線を借りているキャリアと同じ通信方式と周波数になります。

例えばDMM mobileはドコモの回線を借りています。

そのため、DMM mobileはドコモであればそのままスマホを使うことが可能です。

毎月のデータ通信使用量が1GB以下ならDMM mobileがおすすめ

毎月のデータ通信使用量を統計で見ると、実は1GBも使っていないという人は結構多いようです。

しかし、大手キャリアの料金は高いので全然使っていない人は損をしてしまいます。

ドコモを使っている人であれば月に平均6,500円くらいは支払っているはずです。

 

DMM mobileを使えば月額料金は1,000円台!?

格安スマホであれば、ドコモで契約をしているよりは断然安くなります。

業界でも最安値のDMM mobileは高速データ通信1GBの音声通話付きプランで1,260円となります。

ドコモで契約している場合と比べると、5,000円くらいの差額があることが分かります。

2年間の契約期間を考えると、12万円もの差額!

ただし、DMM mobileはかけ放題プランおよび無料通話が無いことに注意してほしいです。

DMM mobileで通話をする場合は、30秒毎に20円の通話料金がかかります。

通話をたくさんする人にとっては、キャリアでかけ放題プランを契約していた方が安い場合もあります。

 

DMM mobileで使うスマホをどうするか

DMM mobileでは自分でスマホを用意することもできますし、セットでスマホを購入することもできます。

セットで購入する場合は人気のSIMフリー端末をDMM mobileで購入して使っていくことも可能です。

中古スマホは人気モデルも格安で購入できることが多いので、中古スマホを使うのも良いです。

 

DMM mobileは快適に使える

DMM mobileはドコモの通信網を使っているので、通話音質は良いです。

また、データ通信速度も速いです。

DMM mobileのデータ通信速度を実測した結果を見ると、かなり速い速度であることがわかります。

ドコモよりも安くて、十分な品質を保っているDMM mobileはおすすめです。

 

 

MVNO

大手キャリアの1700円のかけ放題新料金プランは得じゃない!?

今まではかけ放題プランというと時間無制限でしたが、それよりも割安料金で契約できるかけ放題プランが登場しました。

実際にどんなプランなのか?
プランは今までよりもオトクになるのでしょうか?

各キャリアとも1回5分まで回数制限なしで無料

各キャリアとも、新プランは全く同じような内容です。

  • 料金は1,700円
  • 1回5分まで無料
  • 回数制限なし
  • 5分超過した場合、30秒当たり20円

通常のかけ放題プランは各キャリアとも2,700円なので、今までかけ放題プランが高い!と嘆いていたユーザーも利用しやすくなる。。。

と思いきや、そんなこともありませんでした。

新プランを適用するには契約するデータ通信量に制限がある

かけ放題プランとしてみると1,000円安くなるので、

「新料金プランだとかけ放題に入らざるを得ないけど、かけ放題の必要が無い。。」
と嘆いていたユーザーには朗報かと思いきや、そうでもないのです。

新料金プランは、契約するデータ通信量に制限があるという落とし穴があります。
新料金プランを適用するには、各キャリアとも2GBより大きいデータ通信量を契約しなければいけません。

auの場合:3GB
ドコモ,ソフトバンクの場合:5GB

それでもauは通常のかけ放題よりは安くなるのですが、ドコモとソフトバンクは従来のかけ放題プランよりも高くなってしまうという現象が発生してしまいます。

データ通信を元々たくさん使う人であれば問題ないのですが、スマホを使っている人の多くは月に2GB以上を使わないライトユーザーと呼ばれる人たちです。

今回のかけ放題の新料金プランは、ライトユーザーの層を狙っているようにしか見えません。

大手キャリアはスマホ料金を下げるつもりがまだまだない

今回の新プラン発表は各社立て続けに行いました。

各社で話し合って、プラン料金を決めているのは明らかです。

今後もスマホ料金を大幅に下げることはまずないのでしょう。

スマホ料金を下げるのであれば、格安SIMを使ったり、2台持ちにしたりするなど、今後も個人ごとに工夫が必要そうです。